浄水器を設置方法で比較

subpage01

浄水器にはさまざまなタイプがあり、使用するためにはそれぞれを比較して自分にあったものを利用することが必要ですが、設置方法もポイントの1つとなります。
ではどのような設置方法の浄水器があるのでしょうか。最も簡単に設置できるのが蛇口直結型です。



蛇口に直接取り付けるために小型のものが多く、中空糸膜や活性炭を組合せて濾過するものがほとんどです。

最も安価ですが、小型故にマメにカートリッジを変える必要があること、蛇口の高さが低くなってしまうことが難点です。
蛇口に何も取り付けたくないという場合は浄水機能付き水栓を利用するという選択肢もあります。
シンクの隅に置く据え置き型の浄水器もあります。
濾過方法はそれぞれの製品によって方法も性能も異なりますが、蛇口直結型と比較するとレベルが高いものが多いです。
価格は高くなるものの浄水性能を重視する人に向いています。
ただ、シンク脇に置くためにキッチンスペースが狭くなること、油やほこりで汚れやすいというデメリットがあります。


シンク周りをすっきりさせたい方にはアンダーシンク型がおすすめです。

ジョルダンニュース!の情報はこちらです。

シンク下の収納部分に本体を設置して浄水専用水栓を上部に出して使うタイプです。

浄水性能も高いものが多く、広々とキッチンを使えるのがメリットです。

ただ、他のタイプと比較すると高価です。

また、設置に工事が必要になるために賃貸住宅では使えない可能性もあります。


このように設置方法1つとっても浄水器はいろいろです。浄水性能、設置方法、価格、カートリッジ交換のランニングコストと手間などのポイントを比較して浄水器を選ぶことが大切です。